雑学

【役に立つ雑学】:甘酒は体にいいというのは嘘?

・発酵食品は体にいい?

現代、発酵食品は体にいいという認識が広まりつつあります。

発酵」とは、酵母や細菌などの微生物が有機物を分解する過程を指す。

世界中に様々な発酵食品が人々の健康に寄与してきています。

ただ、発酵食品ならなんでも大丈夫というわけではないのです。

過剰にとれば、糖質過剰塩分過剰となるようです。

・甘酒は飲む点滴なのか?

近年ブームとなった甘酒ですが、これは米に麴と水分を足して発酵してつくります。

つまり、米が主原料となります。

では、なぜ甘いのか?砂糖ではありません。

麴の酵素が米のデンプンを分解してブドウ糖に分解するからです。

つまり、糖質の塊です。

甘酒には糖の代謝に必要なビタミンB群が含まれているため、すぐにエネルギー源となってくれます。

しかし、現代ではすぐエネルギーが必要な人はいません。

それよりも血糖値を急上昇させてしまい、糖尿病が進行していた・・・という場合があるのです。

また、食品成分表をコーラと比較してみますと、

  • コーラ100グラム中に含まれる炭水化物は11.3グラム
  • 甘酒100グラム中に含まれる炭水化物は18.3グラム

あのコーラを超す糖質量です。

・まとめ

皆様いかがでしたでしょうか?

私も健康に気遣って糖質制限を始めてます(笑)

ですが、体重が60キロ→52キロまで減らすことができました!

しかもそんなに苦じゃなかったです…(人それぞれですが)

やっぱり糖尿病にならないためにも日々、情報を取り入れましょう!

あ、発信もしていきますね。

では、また~